menu

Starters

「正しい食習慣」の定着をサポート「Fit’s go」

名称
Fit’s go株式会社(フィッツゴーカブシキカイシャ)

代表者名
佐野 恵

佐野 恵

設立年月
2015年6月

所在地
東京都中央区八重洲2-4-10第一幸田ビル5F

主な業務内容
1.ヘルスケア・美容情報に特化したサイト「Fit’s go」の運営
2.ダイエット・プログラムの提供
3.トレーナー派遣
4.パーソナルオンラインダイエット指導サービス
5.健康食品・一般健康食品販売事業
6.健康・美容に関するセミナーの企画、運営

 

KEIZOKUダイエット

 

1.自己紹介・会社紹介

主に「正しい食習慣」の定着をサポートしています。
「正しい食習慣」を定着させる事は、ダイエット成功、病気の予防につながります。KEIZOKUダイエットでは遺伝子検査の結果に基づき、その人の体質に合ったダイエット法を提案し、スマートフォンを利用してダイエットしたい人とダイエットの専門家を繋げます。オンラインでダイエット指導、定期的な対面カウンセリング、必要でれば出張トレーニングで「絶対にサボれない状況」をつくり正しい食習慣・ダイエットを長期的にサポートするサービスを提供しています。

2.起業のきっかけは?
私はずっと大企業に勤めていました。
しかし、私の友人は、会社員ではなく女性、男性も経営者の友人が多かったです。
そんな友人達に影響され、経営の楽しさを知りました。
また、大企業=安定ではありません。この先、大企業でも何があるかわかりません。
私は会社に頼るのではなく、自分自身で創り出していきたい。
それが、自分の成長だと思い起業を決意しました。
また、どうしてヘルスケアの分野で起業したのかというと、日本は超高齢化社会になり、医療費、介護費が膨らみ、若い方への負担が大きくなります。
医療費を軽減させるためには「病気にとならない」事です。
その為には、正しい食習慣を身につけ、健康になること。
しかし、正しい習慣を身につけるというのは簡単なことではありません。
私も実際に経験があるのですが、健康・ダイエットのためにスポーツジムに入会しましたが、会費だけを払い続けて通っていなかったという経験があります。
そして毎年、様々なダイエット法・健康法が流行りますが、どれも継続が難しく継続を促すサービスがありません。
『継続』をサポートするサービスがあればダイエット成功・健康につながり、結果的に医療費を削減できるのではと思い、ヘルスケアの分野で起業をしました。

3.資金はどのように調達しましたか?
資金は自己資金と日本政策金融公庫の融資を利用しました。

4.起業にあたって苦労したことはなんですか?
今までは、大企業に勤めていました。誰もが知っている企業です。
しかし、独立したらその看板はありません。
自分の企業を知ってもらうのがこれほど大変だとは思いませんでした。
また、私は今まで経営の事は勉強した事がなく勢いだけで起業しました。
今までは会社の一部分しか知らなかったのです。
経営をすると、マーケティング、財務関係、法律関係、すべての事に関わってきます。
色々な事に対して力不足だなと感じます。
日々、勉強です。

5.起業してよかったことはなんですか?
人から必要とされ、感謝された時が、一番嬉しく起業して良かったと感じます。
また、会社員の頃は決まった時間だけ働いていましたが、経営すると起きている時間は仕事の事しか考えていません。
それは、悪い意味ではなくて、楽しいからです。
仕事に対して考え方も変わりましたし、毎日が充実して楽しいです。

6.仕事において、自信のあることはなんですか?
忍耐力です。
自分が決めた事に対しては最後までやり通すタイプです。

7.会社を運営していくにあたって、大切にしていることはなんですか?
チャレンジすること
私は好奇心旺盛なほうでやりたいと思ったこと失敗は恐れずにチャレンジをする方だと思います。しかし、できれば失敗はしたくないというのが人間の心理だと思います。でも失敗をしなければ何も学ばないと思います。
失敗をしてもいいです。失敗をした時、その後が重要。
何で失敗したのか書き残す、次に失敗を繰り返さないためにはどうしたらいいのか考えます。
「失敗を恐れずに、失敗をして、失敗を書き残して、成長する」
私はこれを大切にしています。

8.影響を受けた本はありますか?どのように影響を受けましたか?

ソフトバンクの孫さんの本はいくつか読みました。
特に、心が折れそうな時は孫さんの名言集を読みます。
「志高く」という言葉が一番、心に響きます。
孫さんの本を読むと情熱、希望が湧いてきます。

9.オフはどのように過ごしていますか?
音楽鑑賞、ショッピング、ウォーキングなど。

10.今後の展望は?
2025年頃に団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)に達する事により、介護・医療費がさらに膨らみます。
「2025年問題」に直面するのはもうすぐです。
医療費・介護費を削減するためには生活習慣病の予防がカギです。
予防だけでも多額の医療費抑制効果があると思います。
現在は個人向けにサービスを行っておりますが、今後、法人向けにもサービスを提供していきます。

また、弊社は継続させる仕組みを提供することでダイエット成功へと導きます。
この継続の仕組みは様々な分野で応用できると思います。
英会話や禁煙など、続かないと言われるもの、様々なジャンルで継続の仕組みを提供していきたい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る